現在・未来の不安からあなたを解放させる

mental counseling

ブログ

2018.11.15 

ブログ

心にウソはつかないで



自分に正直に生きることができたら。
誰もが一度は思うことかもしれません。

ですが多くのしがらみの中で生きている私たちは、そのような生き方をしていくことは難しいかもしれないですね。
優しければ優しいほど、相手に気を遣い過ぎることもあるでしょう。

そのせいで自分の心にウソをつき続けて、いつの間にかどれだけ手を伸ばしても何も触れることができないなんてことになってしまうかもしれません。
自分を貫き通すことは難しい、どこかで妥協しなければならないときがある。

それでも自分にウソをついてはいけません。
もちろん、犯罪にならないようにね。

目次

ウソをつくとはどういうことか

ウソをつくと心にもやがかかります。

ウソをつくとはどういうことでしょうか。

ウソをずっと貫き通せる人はほとんどいません。いずれどこかでウソはばれます。
きっとウソをつかれた人は、「この人は信用できない」「この人に何かをお願いするのはやめよう」と思うことでしょう。

しかしそう思うのは相手だけではありません。

ウソをつくということは、相手だけではなく自分すらだまそうとしていること。
つまり自分で自分を信じられない状態に陥ってしまう危険性を持っているのです。

その状態のままで心は元気なままでいられるでしょうか?
その笑顔、ただの空元気ではないですか?

もし自分が「大丈夫」という言葉をよく使うようになっていたら、それはあなたの心が助けを求めているサインかもしれません。

ウソをつき続けると心はどうなる?

ウソをつき続けると心が疲れてしまいます。

自分にウソをつき続けるとやがて自分の一番の味方であるはずの自分のことを信じられなくなってしまいます。

たとえば運動でも、仕事でも、ここぞという場面で「あっちの方かいいか」「こっちの方がいいか」と迷いが生じてしまい、ベストな選択ができなくなってしまいます。

そんな状態で充実した時間を送ることができるかと聞かれれば、答えはNOです。

いつかどこかで、やりたいことがあるのに「自分にはできない」とスタート前から決めつけて挑戦することをやめてしまい、後になって「やっておけばよかった」と後悔することになってしまいます。

「そんなこと言われたって、じゃあどうすればいいんだ!」
「じゃあ周りの意見を無視して自分のやりたいようにやることが正解なのか!」と、叫んだこともあります。

しかしそれでも前に進んだ結果、その先に見つけた答えはとても単純なものでした。

自分にウソをついてはいけない

自分の心を開いていきましょう。

人には理性的な自分と本能的な自分がいます
それらがバランスを取ることで人は社会で生きていけるのです。

ウソをつくとは、理性的な自分が強すぎて、本能を抑え込んでしまっている状態にあたります。
だから心のバランスが乱れるのです。

あなたが本当にやりたいことはなんですか?
どんな目標であれ、実現のために何かしらのアクションは起こしたはずです。

外に出るために1歩部屋の扉に近付いた。
これも立派な行動なのです。

しかしここで自分にウソをついてしまうとその1歩すらもウソにかすんでしまい、あなたの努力が無駄になってしまいます。
それは努力していないと同じで、何もできないまま時間だけが過ぎてしまったことと同じです。

あきらめるなとは言いません

人により掲げている目標は異なり、たとえ同じ目標であっても人により難しさも異なります。
だから私たちはあなたに「あきらめないで」という言葉はかけません。
あきらめないでがんばろうと必死になっている人にそれは失礼というものです。

目標が達成できなくても、途中で立ち止まったっていいんです。
大切なのは、自分に正直になって、「できるところまでやれたか」ということ。

「できるところまでやった」と「できそうだけどやめてしまった」では、どちらが後の人生にとってプラスになるでしょうか?

「できるところまでやった」の方がきっと、あなたの自信につながり、力になります。
そして「次はここまでできるようになろう」という新しい目標が生まれます。

この先自信を持って生きていくために

自分に正直に生きて笑顔に。

人によって目標は異なるので、簡単にあきらめるなとアドバイスすることは私たちにはできません。
それでも自分にウソはつかないでください。

ウソをつくと目標達成のために今までがんばってきたことも、それを支えてきた自分の思いも、費やしてきた時間もすべてが消えてしまいます。
それだけはしてほしくありません。

あなたがこの先自分に自信を持って生きていくために、自分にウソをつかず、今できることを一緒に探していきましょう。
そのためのサポートは惜しみません。

あなたがしたいことはなんですか?
どんな自分になりたいですか?

聞かせてください。
そして一緒に目指していきましょう。

あなたの一番の味方はあなたです

ウソをつくとは自分を見捨ててしまうことと同義です。そうなってしまうとあなたは本当に独りぼっちになってしまします。
少しでも思い当たることがありましたら私たちでも、家族や友人でも結構です。
頼ってください。
そして自分の力で歩いていくための術を見つけていきましょう。

人によっては、そのスピードはとてもゆっくりで、歩くような速さなのかもしれません。
ですが、それでも前を向いて進んでいけば、自然とあなたの周りには人が集まり、そしていつかきっと、目指していた場所までたどり着くことができるようになりますよ。